海外就職・求人 東南 アジア就職情報 シンガポール・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム アジ アの求人情報 「海外で働く」の近道!



アジアdeオシゴトトップへ

日々の食事−インドネシア
【生活情報−日々の食事】


お粥(約70円)の屋台ジャカルタには各国料理のレストランが充実しており、外食で困ることはない。特に中華料理は日本よりも割安で食べることができ、店の数も多い。外食の価格は、日本円に換算すると(2014年6月現時点 以下記載の円貨も同様)屋台での一食100円の持ち帰りからレストランでの数千円まで幅広い。

日本食レストランも充実しており、味も満足できる店が多いが、味やメニューがインドネシア人向けになっている店もあるので見極めが必要である。

アルコールを嗜む場合には、レストランで飲むとかなり値段が高いので要注意。日本食レストランなどでは、持ち込み料を支払えばアルコールを持参できる場合が多い。中華料理店などでは持込が無料の店もある。


屋台の持ち帰りご飯とおかず(約100円)
屋台の持ち帰りご飯とおかず(約100円)


参考までに現地採用3人の一日の食生活例を見てみよう。

26歳独身女性
朝食:前日に買っておいた菓子パンを食べたり、朝に屋台でお粥(約100円)を買う。
昼食:自分で作ったお弁当持参。
夕食:友人との外食以外は、ダイエットのため食べないか、自炊。

28歳独身男性
朝食:コーヒーのみ。
昼食:会社近くの屋台でご飯とおかずを購入(約200円)。お客さまとランチ(約1000円)の場合も多い。
夕食:友人たちと外食。それ以外は、屋台で夕食(200〜300円)

33歳既婚男性
朝食:トースト、フルーツ、コーヒー
昼食:お客さまとランチまたは近くの店で済ませる。
夕食:会食の約束がある場合以外は、帰宅して家族で食事をとる。


インドネシアのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ







求人投稿ログイン求人掲載広告掲載運営会社・お問い合わ せ当サイト へのリンク
asiadeoshigoto.com Heartlink Communications Pte Ltd / Pithecan Pte Ltd