海外就職・求人 東南 アジア就職情報 シンガポール・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム アジ アの求人情報 「海外で働く」の近道!



アジアdeオシゴトトップへ

ベトナム情報
ベトナムの就職・生活情報データ
(ベトナムの情報は当地での語学試験の実施(J.TEST)、ベトナム人の人材育成カリキュラムの運営しているJ.TEST VIETNAM社の協力によるものです)

●基本情報
 −基本情報・統計
 −日本からの空路

●就職情報
 −求人が多い職種・業種
 −就労ビザの規定
 −給料
 −雇用条件・福利厚生
 −求人の探し方

●生活情報
 −住宅事情
 −交通事情・移動手段
 −日々の食事
 −生活物価
 −日本食・日本の商品の入手
 −日本人コミュニティ−
 −アフター5・休日の過ごし方
 −健康・医療
 −教育事情・家族での生活
 −生活シミュレーション(実例紹介)

基本情報・統計−ベトナム
【基本情報−基本情報・統計】

正式名称:
ベトナム社会主義共和国 Socialist Republic of Vietnam

首都:
ハノイ

面積:
33万1689km2(日本の約90%)

気候:
基本的には、熱帯モンスーン気候(高温多雨)、日本同様南北に細長い国土の為、北部・中部・南部では気候が異なる。南部は通年30度前後だが、北部の冬は10度台になることもある。

日本との時差:
日本からマイナス2時間

人口:
8971万人(2013年)
ハノイ656.2万人 ホーチミン739.6万人(2010年)

民族構成:
キン族(越人)約86%、他に53の少数民族

言語:
ベトナム語

宗教:
仏教(80%)、カトリック、カオダイ教他

国旗:

国歌:
進軍歌(Tiến Quân Ca)

在留日本人数:
12,254(2013年10月)


ベトナムのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
日本からの空路−ベトナム
【基本情報−日本からの空路】

●日本からベトナムへの直行便

ベトナム航空日本から直線距離で約3600km。
ホーチミン市までは、成田国際空港から約6時間、関西国際空港からは約5時間半弱。成田は、日本航空・全日空・ベトナム航空の直行便あり。関西国際空港は、日本航空(但し機材・乗務員はベトナム航空)での直行便あり。

●参考リンク
ベトナム航空
日本航空
全日空

直行便以外は、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空等も利用出来る。

●空港

(ハノイ)ノイバイ空港から、ハノイ中心部まで、約30KMの距離。
現在空港から市内までの移動はメーターによる料金設定に変更されている。交渉すれば35万ドン〜40万ドンで行くことも可能だが、
多くのタクシードライバーはメーターによる価格設定で営業していることが多い。ただ実際にメーターで移動しても上記価格内に収まることが多い。
同時に法外な料金を請求するタクシーは、そもそも駐車して営業活動することを避けるように空港側で規制しているため、ハノイタクシーやノイバイタクシーという
空港が許可するタクシーに乗れば問題が起きることも少ない。

(ホーチミンシティ)タンソンニャット空港から、ホーチミンシティ中心部まで、約10KMに満たない距離(車で約20分)。タクシーで10ドル程度、ベトナムドンであれば20万ドン程度。空港内のタクシーチケットは、距離にもよるが市内中心地まで13ドル(13年5月)。


ベトナムのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
求人が多い職種・業種−ベトナム
【就職情報−求人が多い職種・業種】

多い業種: 多い職種:

●求人が多い職種
ITエンジニアは売り手市場

●求人が多い業種
IT系企業(ベトナムはオフショア開発拠点)

以前より言われているのが、二輪・四輪メーカーのハノイ、電気電子メーカーのホーチミン。
直近の法規制緩和により、サービス・小売り流通業がホーチミン中心に進出中。
 
日本語ネイティブ向け求人もあり。
外資系企業が他国に比べて多く、ビジネスにおいては英語が公用語。


ベトナムのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
就労ビザの規定 −ベトナム

【就職情報−就労ビザの規定】

=あくまでも参考程度に(実際ケースバイケース)=

就労ビザに関しては、原則として「大卒」「勤務経験5年」が必須。

取得に際して、無犯罪歴証明書も必須となり、必要書類を全て揃えても取得できないこともあり現在非常に困難になっている。
また申請から3ヶ月要することもあり、現在各企業とも取得に困っているケースが多い。

背景として中国からの大量のワーカー流入から、外国人労働者の一斉規制があり、その余波が日本人にも及んでいる。
取得にかかる費用は2000USドルを超える。


ベトナムのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ

給料−ベトナム
【就職情報−給料】

ハノイ・ホーチミン、現地新卒給与300-350USD/月、リーダー・マネージャー1,000USD前後。
日本語ネイティブ、新卒1300-1800USD、リーダー2000-3000USD。


ベトナムのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
雇用条件・福利厚生−ベトナム
【就職情報−雇用条件・福利厚生】

●勤務時間
ほぼ定時、8・9時、17・18時の通勤ラッシュによる交通渋滞はひどい。
残業・休日出社はあまりしない。
1日8時間、1週間で48時間以内。

●有給休暇
年12日間発生

●医療休暇(Medical Leave)
社会保険加入期間
15年以内→30日以内
15〜30年以内→40日以内
30年以上→60日
特定の病気→年180日取得可能
その他、産休・育休、結婚休暇などあり

●医療保険
社会保険  3か月以上の雇用契約を締結する従業員(外国人も含む)が加入。
ただし、3か月後からの加入でもいい。健康保険・年金・労災保険を網羅する
”袖 妊娠・出産 O働災害
で金 セ猖
保険料率;会社5%・自己負担15%

ベトナムの社会保険については、日本人を含む外国人は任意(入っている人は少ない)。
現地で民間の保険会社に加入する事も可能。

●交通費
駐輪場(バイク)代支給が一般的、ガソリン代は企業によりけり。

●家賃補助
ほぼなし、一部負担は見られるが寸志

●試用期間
Max3ヶ月

●解雇・退職の規定
試用期間後に通常3年の労働契約を結び、その間に転職することが可能となり、転職する例が多い。
また同時に解雇は契約条件に盛り込む場合が多いため、会社側が解雇を促した場合即時解雇可能。
ただ通常は給与査定の際に減額をすることで、会社側の意志を金額で提示することで労働者側が自主的に退職するケースが多い。

解雇通知
〔鬼労働契約、45日
12〜36か月契約は30日。
12か月以内の契約は3日前までもしくは同等の報酬の支払が必要。
*試用期間中は不要

退職金
12ヵ月以上間雇用されてきた従業員との契約において雇い主は退職手当を1年につき1ヵ月の賃金の半分の総額と等しい退職金を支払わなければならない。
6か月未満→6か月
6か月超→1年と計算して算出する。
失業保険に加入していればその期間は支払う必要がない。


ベトナムのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
 
求人の探し方−ベトナム
【就職情報−求人の探し方】

アジアデオシゴト以外の探し方

●人材紹介会社
ベトナムにも日系の人材紹介会社が複数存在しており、現地の人材紹介を行っている。タイやシンガポールの日系人材紹介会社が紹介を代行しているケースもある。

●日本語情報誌・紙


●クチコミ
日本人社会ではクチコミも威力を発揮する。


ベトナムのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
住宅事情−ベトナム
【生活情報−住宅事情】

●ベトナムの住宅事情
住宅の探し方は、「仲介業者(日系もあります)」に依頼する方法と個人で探す方法がある。
ベトナムでは、仲介業者への手数料は大家さんが支払い個人が支払う必要はないことがほとんどながら、一部個人が手数料を払うという仲介業者もある。

ローカルアパートまたはサービスアパートを選ばれる方がほとんどで、それぞれの価格帯はおおよそ以下の通り。
ローカルアパート:USD200~700/月
サービスアパート:USD1500~4000/月

代表的なローカルアパートは、ワンルーム(家具・クーラー・TV付、キッチンなし)。光熱費無料であったり、インターネット・WiFiが無料であったり、大家さんが掃除洗濯をしてくれる物件も多くあるので、交渉の際に料金には何が入っているのかをしっかり確認の必要あり。

●参考リンク


ベトナムのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
交通事情・移動手段−ベトナム
【生活情報−交通事情・移動手段】

ホーチミンシティのベインタイン市場電車・地下鉄が発達していない為、公共機関としては基本的にはタクシーやバイクタクシーでの移動が主となる。
タクシーは、初乗り約50円、30分程度乗車してもおおよそ800円弱(もちろん距離によりますが)。一方バイクタクシーはメーターはないので、乗車前に行き先と価格を交渉してから乗ることになる。
バス路線もありますが、ベトナムの生活にかなり慣れた後でないと使用するのは難しいと思える。


ベトナムのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ










求人投稿ログイン求人掲載広告掲載運営会社・お問い合わ せ当サイト へのリンク
asiadeoshigoto.com Heartlink Communications Pte Ltd / Pithecan Pte Ltd