海外就職・求人 東南 アジア就職情報 シンガポール・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム アジ アの求人情報 「海外で働く」の近道!



アジアdeオシゴトトップへ

タイ情報
タイの就職・生活情報データ
(タイの情報は当地の人材紹介会社エコアズ・リクルートメントの協力によるものです)




●基本情報
 −基本情報・統計
 −日本からの空路


●就職情報
 −求人が多い職種・業種
 −就労ビザの規定
 −給料
 −雇用条件・福利厚生
 −求人の探し方


●生活情報
 −住宅事情
 −交通事情・移動手段
 −日々の食事
 −生活物価
 −日本食・日本の商品の入手
 −日本人コミュニティ−
 −アフター5・休日の過ごし方
 −健康・医療
 −教育事情・家族での生活
 −生活シミュレーション(実例紹介)
基本情報・統計−タイ
【基本情報−基本情報・統計】


正式名称:
タイ王国(タイ語名:プラテート・タイ、英語名:Kingdom of Thailand)


首都:
バンコク(タイ語名:クルンテープ・マハーナコーン<*>、英語名:Bangkok)
<*>正式名称はかなり長い名前だが、通常ニュースなどではこのように呼ばれる。会話では単にクルンテープと言う場合が多い。


面積:
約51万4000km2 日本の国土の約1.4倍。国土面積の約40%が農地。
 

気候:
熱帯性気候 暑季(3月〜5月)、雨季(6月〜10月)、乾季(11月〜2月)。バンコクの平均気温は4月が約30℃、12月が25℃。



日本との時差:
日本からマイナス2時間


人口:

6,676万人(2013年)


民族構成:
タイ族85% 華人系10% マレー系・インド系・カンボジア系などその他5% ただし、民族間の混血がかなり進んでいる。


言語:
タイの公用語はタイ語(識字率は90%を越える)
*一般にバンコクを中心とした中央地区で話される言葉が全国で通用する。


宗教:
国民のほとんどが仏教だが、マレーシアとの国境に近い地域はイスラム教徒も多い。


国旗:
タイの国旗はトン・トライロング(三色旗)と呼ばれ、中央の青の上下を白が囲み、さらにその外側を赤が囲む形。青は国王、白は宗教、赤は国家を示す。


国歌:เพลงชาติไทย
<歌詞>
ประเทศไทยรวมเลือดเนื้อชาติเชื้อไทย
เป็นประชารัฐไผทของไทยทุกส่วน
อยู่ดำรงคงไว้ได้ทั้งมวล
ด้วยไทยล้วนหมายรักสามัคคี
ไทยนี้รักสงบแต่ถึงรบไม่ขลาด
เอกราชจะไม่ให้ใครข่มขี่
สละเลือดทุกหยาดเป็นชาติพลี
เถลิงประเทศชาติไทยทวีมีชัยชโย
<訳文>
タイ国はタイ人の血と肉で成る。
一致団結してタイ全土を維持する。
タイ人は平和を愛するが、戦いとなれば臆さない。
誰にもタイの独立の自由を犯すことはさせない。
国民の血一滴をも残さず捧げる
タイ国の勝利と栄光に万歳!


毎日、朝8時と夕方の6時に公共施設やテレビ・ラジオで流される。
国旗掲揚をするところは、朝に国歌が流れる時に掲揚し、夕方に降ろす。
公共施設内において国歌が流れてきているときは、直立不動の姿勢でいなければならないので注意が必要。


在留日本人数:
5万1767人(2013年)
5万5634人(2012年)
4万9983人(2011年)
3万6300人(2005年)
4万5800人(2009年)
実際には10万人以上の日本人が滞在しているとも言われています。




タイのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
日本からの空路−タイ
【基本情報−日本からの空路】


●日本からタイへの直行便
日本からタイの首都バンコクへは数多くの直行便が就航。飛行時間は6〜7時間程度。


札幌
タイ国際航空


仙台
タイ国際航空


成田
タイ国際航空、日本航空、全日空、ユナイテッド航空、デルタ航空、エア・インディア、 エジプト航空


中部
タイ国際航空


関西
タイ国際航空、


福岡
タイ国際航空


●参考リンク
タイ国際航空
日本航空
全日空
ユナイテッド航空
デルタ航空


直行便以外は、マレーシア航空、シンガポール航空、大韓航空、アシアナ航空、キャセイパシフィック航空、中華航空等も利用出来る。
現在直行便が飛んでいるのは、札幌(新千歳)、仙台、東京(成田)、大阪(関空)、名古屋(中部)、福岡の6都市。2010年10月より羽田ーバンコク間直行便も運航開始。


●空港
’06年9月28日よりバンコク国際空港は、スワンナプーム国際空港としてバンコク市より南東部に移動。空港から市内まではタクシーで1時間程度。





タイのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
求人が多い職種・業種−タイ
【就職情報−求人が多い職種・業種】


タイには車メーカーの工場などを含め多数のメーカーが生産拠点として進出しており、国の免税措置などを受け操業をしている。メーカーをサポートする商社、そこに暮らす日本人たちへのサービス業なども数多く存在する。


●求人が多い職種
営業、生産・品質管理、エンジニア、IT関連、ホテルや旅行会社などのカスタマーサービス、秘書など。生産工場における管理者、技術者などの経験者が求められる職種もある。


●求人が多い業種
製造業、IT、サービス業、商社など


●特殊な例
小売業やスパ、日本食レストラン等でのカスタマーサービス。
在タイ邦人や邦人観光客が多いタイならではです。




タイのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
就労ビザの規定 −タイ
【就職情報−就労ビザの規定】


タイで働くためには就労ビザ(Non-Immigrant Visa-B)を取得し、入国後に労働許可(ワークパミット)を取得する必要がある。


●ビザの名称
就労ビザ(Non-Immigrant Visa-B)+ワークパミット


● 就労ビザの申請に必要な書類
就労ビザは入国前に取得(もしくは就職が決まり、シンガポールなどの近隣諸国のタイ大使館などで取得する)。
就労ビザ
・パスポート原本(有効期限6ヶ月以上のもの)
・ビザ申請書
・写真2枚(4X4.5cm)
・航空券もしくは予約の確認書
・英文経歴書
・英文招聘状原本1部、登記簿謄本コピー(タイ側)
・英文推薦状原本(日本側)または英文身元保証書1部
*ビザの有効期限は申請日から3ヶ月。ビザの期限以内にタイへ入国、滞在期間は入国した日から90日間。ワークパミットに関しては、タイ労働福祉省外国人労働課へ申請。


●就労ビザの申請
就労ビザは各国タイ大使館に申請し、入国後はワークパミットをタイ労働福祉省外国人労働課へ申請。


Ailien Occupational Control Division,Department of Employment,Miniatry of Labour
住所 Mit-Maitree Road Dindaeng Bangkok
電話 (662)248−7202


●就労ビザ取得の必要が無いケース
なし


●参考リンク


*細かい規定は随時変更されますので、その都度関係部署より最新の情報を取得してください。




タイのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ

給料−タイ
【就職情報−給料】


タイで働く日本人の最低賃金はある一定額以上とされている。ただし、社用車などを個人に支給され、使用する場合など、補助手当て諸々の総支給額として考えられることもありえるので、手取り額との差は何が控除されているかなど把握すること。
技術的キャリアや職歴により、またタイ語などの特殊かつ業務上必要な言語の習得によっても給与差が出てくる。


タイのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
雇用条件・福利厚生−タイ
【就職情報−雇用条件・福利厚生】


●勤務時間
オフィスでの勤務は週5日勤務が多いが、工場勤務を中心に土曜日も半日勤務の週5日半勤務も少なくない。始業は8時から9時頃、終業は17時から18時頃が一般的。残業は企業により異なる。


●有給休暇
1年間継続して勤務した場合、1年当たり6日以上の年次有給休暇を取ることが可能。
企業によっては、勤務期間が1年未満の場合でも勤務日数に基づいて比例計算により年次有給休暇を取得可能な場合もある。


●医療休暇(Medical Leave)
病気の状況に応じて医療休暇を取ることができる(年間30日以内)。
ただし連続して3日以上の医療休暇を取得する場合は、医師の診断証明が必要となる。


●医療保険
社会保険は、給料の5%(最高で750バーツ)を毎月払い、政府が指定した病院を1箇所で治療を無料で受けることができる。
社会保険だけでは、保障内容が十分でないため、AIAなどの外国人を対象とした民間の健康保険を併用しているところが多い。


●交通費
支給しているところもあるが、まれな例。


●家賃補助
支給しているところもあるが、まれな例。


●試用期間
会社として3ヶ月を設けるところが多い。最高119日まで延長可能。


●解雇・退職の規定
企業側は最低30日以上の賃金を支給することにより、従業員を即時解雇する事が可能である。
ただし勤務可期間が4ヶ月以上の社員については、最低30日分、最高300日分の解雇保証金を支払う義務がある。
自己都合による退職の場合は、原則30日前に企業に書面或いは口頭で通知すれば良い。




タイのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
求人の探し方−タイ
【就職情報−求人の探し方】


アジアデオシゴト以外の探し方


●人材紹介会社
最も多くの方が人材紹介会社経由で仕事を見つけている。

人材紹介会社リスト


●日本語情報誌・紙
求人数は多くはないがマメにチェックすると見つかる。


●クチコミ
日本人社会ではクチコミも威力を発揮する。





タイのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
住宅事情−タイ
【生活情報−住宅事情】


●タイの住宅事情
バンコク中心部では、セキュリティーの上で、一軒家よりもアパートやコンドミニアムが一般的。
アパートの家賃は、タイ人が多く住む3,000バーツ台〜外国人向けの60,000バーツ以上までさまざま存在する。
3万バーツ以上の高級アパートやコンドミニアムは、日系の不動産屋を通して簡単に探すことが可能だが、2〜3万バーツ以下のアパートは、不動産屋が扱わないため自分で歩いて探すことになる。7,000〜10,000バーツ程度のアパートは、お湯シャワーもついており、英語が通じるところも多く、安心。日本と異なり、スタジオタイプの部屋にはキッチンがなく、バスタブもついていないところが多い。


タイではエリアに限らず、日本人が犯罪に巻き込まれるケースが多い為、安全面には十分に注意し、自己防衛は重要。


●参考リンク




タイのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ
交通事情・移動手段−タイ
【生活情報−交通事情・移動手段】



バンコク市内はスカイ・トレイン、地下鉄、バス、タクシーなどの公共交通機関がある。スカイ・トレイン、地下鉄沿線以外はバス、タクシーでの移動になる。ただし、90年代初頭の交通渋滞は過去のものになった感があるが、場所・時間が悪いと渋滞に巻き込まれ、時間が読めないこともある。また、女性の場合にはタクシーでのトラブルも考えられるので注意が必要。




タイのガイド記事一覧へ】【就職ガイドトップへ








求人投稿ログイン求人掲載広告掲載運営会社・お問い合わ せ当サイト へのリンク
asiadeoshigoto.com Heartlink Communications Pte Ltd / Pithecan Pte Ltd